犬の誤飲・誤食(異物摂取)

 犬猫の異物誤食は、私たち獣医師にとって非常に身近な問題です。

 特に子犬の時期が多いのですが、ちょっとしたスキに落ちていたものを咥えて飲み込んでしまいます。まずお電話をいただくことが多いのですが、専門家の私たちでもお電話での対処が難しいケースがほとんどです。

 食べてしまっても大きな問題にならない(中毒や腸閉塞を起こさない)ものもあります。ですが実際には、お電話をいただいた後できるだけ早くに来院していただきます。

 体内に吸収されてしまう製品は中毒の危険性もありますので、製品の成分を記載した袋紙などは持参していただいた方がありがたいです。オーナー様の普段常用されているお薬(高血圧の薬や安定剤など)を飲んでしまうケースも多いのですが、体重が人間の1/10くらいしか無いペットにとっては非常に危険です。また、お薬の吸収は非常に速いので一刻を争います。

 それに比べると、靴下やビニール、小石などは胃の中にあるうちであれば嘔吐させて出すこともできるので1~2時間くらい余裕がある場合がありますがやはり早く来院していただいた方が安心です。

胃内の異物

内視鏡での異物摘出(犬の誤飲・誤食)
 
 来院後は、手早くお話をお伺いしてレントゲンに写りそうな異物であれば確認します。
そのあと、お薬によって催吐(嘔吐を促す)処置を行うのですが、催吐にはいろいろなお薬があり動物病院や獣医師によって好む処置が違ったりします。

 民間療法では塩を飲ませて吐き気を催すのを待つ方法もあるようですが、大量摂取後に嘔吐が無かった場合に危険性もあるようなので動物病院ではあまり一般的ではありません。

 他に、希釈したオキシドールを飲ませる方法もありますが、当院では人間の歯磨き粉にも配合されている止血剤のトラネキサム酸を血管から注射する方法を好んでいます。非常に副作用の少ない催吐方法ですが、数%にケイレン発作が起きるケースがあるとのことです。

 効果は100%ではないのですが、通常血管注射後5~10分程度で嘔吐が見られます。目的の異物が出てくればオーナー様と一緒にホッとできます。実際には80%くらいの成功率のようです。

 残念ながら効果が無かった場合、誤食した異物の種類により内視鏡による異物の摘出を行うかオーナー様と相談します。全身麻酔が必要なのですが、お腹を切る必要が無いため負担は最小限で当日何もなかったように帰宅できます。

 異物の摘出は内視鏡の先から専用の鉗子(かんし)を出して、まるでUFOキャッチャーのごとく異物を摘出します。これには経験と助手との息が合わないとうまくいかないのですが、短時間で目的の異物を摘出できた時にはその場のスタッフから歓声があがります。

 不謹慎ですがちょっと癖になります。

異物鉗子での摘出

内視鏡での異物摘出 動物病院
 

ページの先頭へ戻る

椎間板ヘルニア

ダックスフントの飼い主さんならご存知かもしれません。最近人気のトイ・プードル、フレンチ・ブルドッグ、ウェルシュ・コーギー、ビーグルなどでも若年から発症が見られます。
 椎間板とは、背骨と背骨の間にあるクッションの役目をしている軟骨です(図1)。椎間板ヘルニアとはこの椎間板が本来の位置から突き出した状態を言います。突き出た椎間板物質は、背骨の中を走る脊髄という太い神経を圧迫して、様々な症状を起こします。

【典型的な症状】
・抱き上げようとするとキャンキャンと痛がって鳴く。
・動くことを嫌がって背中を丸めてじっとしている。
・後ろ足の麻痺によりうまく歩けない。
・尿や便の失禁。または、全く出ない。

 腰の痛みだけの軽度なものから、緊急手術が必要な重度なものまでありますが、適切な治療を怠ると生涯下半身麻痺が残ることもある怖い病気です。重症度により、一般的に1~5度のグレードに分けられます。

1度  背中の痛みのみで、初めての発症。歩行可能。
2度 ふらつくが歩行可能。姿勢反応の低下。2回目以降の再発。
3度 歩行不可能(前足だけでの歩行)。姿勢反応消失。
4度 歩行不可能。深部痛覚あり。意識的な排尿ができない。
5度 歩行不可能。深部痛覚なし。

椎間板ヘルニアの治療には1~2度の軽症例を対象とした内科療法と3度以上に適応の外科療法があります。
内科療法・・・厳密なケージレスト(ケージ内での絶対安静)、レーザー治療、薬物療法(エラスポール、副腎皮質ホルモンなど)。
外科療法・・・全身麻酔下で飛び出した椎間板物質を除去します。

どちらの治療にもメリット・デメリットがあります。一般的に、重症になればなるほど外科療法のメリットが高くなります。例えば、治療の成功率や回復までの期間、再発率など。

椎間板ヘルニアはワンちゃんの一生にかかわる深刻な病気です。この病気が疑われたら、少しでも早くご相談ください。最後に脅かしてしまって申し訳ありませんが、「明日でいいや」が一生の後悔になる病気です。

図1 背骨の模式図

ダックスの椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアのメカニズム

ダックスの椎間板ヘルニア
 

ページの先頭へ戻る

軟口蓋過長症

軟口蓋の場所

軟口蓋過長症
(画像クリックで拡大)

切除した軟口蓋

切除した軟口蓋
(画像クリックで拡大)
 最近人気のフレンチブルドックパグなど短頭種(たんとうしゅ)に多発する病気です。
 軟口蓋(なんこうがい)とは上顎の奥の部分の人間であれば「のどちんこ」がついているあたりの部分のことです。のどちんこ(口蓋垂)は人間特有のもので、ワンちゃんには無いのですが、ここが人間の「のどちんこ」のように垂れ下がり、空気の通り道を塞いでしまうことで様々な弊害が現れます。
 もともと、イビキをかくことが多いと思いますが、興奮するとすぐに吐き戻してしまったり、ちょっとした運動で呼吸困難になったり、熱中症になったりと非常に重症化するケースもあります。
 構造的な問題なので、基本的には内科治療は効果がありません。全身麻酔が必要ですが、過剰に伸びてしまった軟口蓋を切除することで、苦しかった呼吸を楽にすることが可能です。
 手術自体はただ伸びたものを切り取るだけの難しくない手技なのですが、短頭種のワンちゃんは他の犬種に比べて麻酔での危険がかなり上がりますので、当院では難易度の高い手術としてご説明させていただいております。
 危険な麻酔をより安全に行うために、以下のような工夫が必要とされます。
 ①手術前から高濃度の酸素室で待機してもらう。
 ②万が一気管挿管が困難だった場合の緊急気管切開の準備を行っておく。
 ③手術後の炎症で呼吸困難を起こさないように、半導体レーザーなどの熱ダメ
  ージの少ない装置を利用する。
 ④並行して、外鼻腔の狭窄部位も切除する。

 当院では従来の超音波メスの他に、2014年から最新の半導体レーザーメスを導入しました。
 麻酔のリスクを考えた時に、手術を躊躇されると思いますが、従来よりずっと安全な手術が可能になっております。
 今まで、苦しそうだった呼吸困難の症状緩和に大変役に立ってくれる治療法なので、ぜひご検討してみてください。
 詳しくは、当院獣医師が時間をかけて説明させていただきます。お気軽にご相談ください。
ページの先頭へ戻る

アレルギー性皮膚炎

目周囲の発赤

犬のアレルギー性皮膚炎

下腹部~内股

犬のアトピー性皮膚炎

肢端の炎症

犬のアトピー 皮膚病

ハウスダストマイト

(体長:0.2~0.4㎜)
ハウスダストマイ(チリダニ)
日常の診療で目にする機会が多いのが皮膚病です。
ワンちゃんたちの皮膚病では、大きく分けて
 ①ノミ・ダニなどの寄生虫性皮膚炎
 ②細菌感染による細菌性皮膚炎
 ③カビによる真菌性皮膚炎
 ④内分泌異常(ホルモン性)
 ⑤アレルギー性皮膚炎に分類されます
なかでも近年多いのがアレルギー性皮膚炎です。特にアトピー性皮膚炎が多くみられます。主な症状としては、顔や耳、足先、内股、脇などの皮膚が炎症を起こして赤くなり、痒みを伴って一日中「舐める」「咬じる」「引っ掻く」を繰り返します。また、50%以上の確率で外耳炎を発症します。

  好発品種は、一位 シーズー、二位 柴犬、三位 ゴールデンレトリバーといわれていますが近年は人気犬種のトイプードルやチワワ、フレンチブルドックで多い印象です。

  アレルギーの原因物質としてはハウスダストマイトと呼ばれるホコリの中のダニがトップで、陽性率50~80%。次いで、植物が40%、ストレージマイト(貯蔵フードに発生しやすいダニ)20%、ノミ14%などが続きます。
  意外にも飼い主さんが一番気にされる食物アレルギーは13%程度と原因としては低いようです。
  アレルギー体質のワンちゃんは、原因が一つだけではなく、いろいろと組み合わさっている場合も多くみられます。。
  ワンちゃんでは、研究が進んでいるため様々な治療法が提唱されていますが、まず飼い主さんが頭に入れておかなければならないことは、「治る病気ではなく生涯うまく付き合っていく病気」だということです。
  どういうことかと申しますと、このアレルギー性皮膚炎は体質・遺伝からくるものであるということ、そして多くは原因の回避が大変困難であることがあげられます。

  この治療のために、しばしばステロイド剤が使われます。最近では「ステロイド」という言葉に過敏に反応してしまう方も多いですね。
正しい知識と使い方をしていれば、ステロイド剤の副作用は最低限に抑えることができます。もちろんこれは正しい使い方をした場合の話です。
  しかし、若い子犬さんの時からステロイド剤を乱用するのはお勧めできません。当院では減感作療法をはじめ、アトピカ(シクロスポリン)やアポキル、インタードッグなどの最新治療のお手伝いも行っています。
 
  QOL(Quality Of Life:生活の質)という言葉があります。慢性の病気は完治させることが難しく、患者さんが病気とつきあいながら質の高い生活を送ること。
  そのために、ワンちゃんに一番合っている治療の選択肢を考えてあげてください。
ページの先頭へ戻る

フィラリア症(犬糸状虫症)

フィラリアの成虫

フィラリアの成虫です

ミクロフィラリア

ミクロフィラリア
一昔前までワンちゃんの死亡原因としてナンバーワンだった病気です。
3年間予防を行わないと感染率80%といわれるフィラリア症とはどのような病気なのでしょうか。
フィラリアとは寄生虫の名前です。心臓に住みついて様々な障害を起こす細長い虫です。長いもので28cmもあり、心臓に寄生すると血液の循環が悪くなって肝臓、腎臓、肺など多くの臓器に異常をきたします。特に、小型犬は心臓も小さいので、少数寄生でも重い障害を起こします。

フィラリアの発育環

 蚊がフィラリア感染犬から吸血するとミクロフィラリアと呼ばれる子虫が蚊の体内に取り込まれます。このミクロフィラリアは蚊の体内で成熟し感染力のある感染幼虫になると、吸血の際に新しい犬へと侵入します。感染後100日ほどで心臓や、肺の細い動脈へと移動します。そして、感染から6ヶ月ほど過ぎると、雌のフィラリア成虫がミクロフィラリアを産出するようになります。

フィラリア症の症状

こんな症状に注意してください。

①のどに何か詰まったものを出そうとするような咳をする。
②食欲がなくなり痩せてくる。
③散歩に行きたがらない。少し歩くとすぐ息が上がる。

また、次のような症状が出たら要注意です。

①お腹が異常に膨れてきた(腹水)
②口、目などの粘膜が白い(貧血)
③赤レンガ色の尿が出る(血色素尿)

検査

 夏を越したワンちゃんでは、予防を開始する前に必ず検査を受ける必要があります。予防薬には予防効果のほかに血液中のミクロフィラリアを駆除する作用もあるので、運悪くフィラリアに感染していた場合、ショックを起こして死亡させてしまう場合もあります。

予防

 毎月1回お薬を飲むことで予防ができます。この予防薬は、蚊の吸血で侵入した感染幼虫が心臓にたどり着くまでに、完全に駆除するというものです。
 予防期間は、蚊からの感染が始まって1ヵ月後から、感染が終わって1ヵ月後まで。途中で投薬をやめてしまったり、1ヶ月でも忘れたりしては、せっかくの投薬もムダになりかねません。
 あなたの愛犬を守ってあげられるのはあなただけだということを忘れないでください。

治療

 不幸にもあなたの愛犬がフィラリアに感染してしまった場合、治療が必要になってきます。しかし、フィラリア症の治療には駆虫薬の副作用や、手術前の全身状態の悪さなどから多くのリスクを伴う場合が多く、完治が望めないばかりか、死亡させてしまうこともあります。
 フィラリア症は予防が最重要だということを心に銘じておいてください。

ページの先頭へ戻る

小型犬の膝蓋骨内方脱臼

 小型犬、特にトイ・プードル、チワワ、ヨークシャー・テリア、ポメラニアンを飼ってらっしゃる飼い主さんに対するコラムです。
 ワンちゃんの膝(ひざ)の前方をつまんで足を曲げたり伸ばしたりしてみてください。その時に膝の部分でカクン、カクンと違和感があったり、異音がするということはありませんか?
もし、そのような現象があるようでしたら、この病気の疑いがあります。

 膝蓋骨(しつがいこつ;ひざの前方にある皿状の骨)脱臼とは、膝蓋骨が正常な位置より内側あるいは外側にはずれた状態で、小型犬では内側(内方)への脱臼が高頻度に認められます。
 原因には遺伝的な要因の強い先天性と、打撲や落下などによる外傷あるいは栄養障害による後天性のものがあります。
 軽症で無症状なものから常に跛行(びっこ)をするものまでありますが、寝ていた後や歩き出す前などに後ろ足を上げて3本足で歩いたり、びっこの後に足を伸ばして自分で外れた関節を治して歩き出すワンちゃんもいます。

 獣医学的には脱臼の程度や骨の変形からグレードⅠ~Ⅳに分類されます。特に、先天性の場合、脱臼していても痛みがなく、気づかれにくい病気ですが、一般的にグレードⅢ以上は手術の適応となります。また、進行性のものですので、1歳未満でグレードⅡ以上であれば手術の適応となります。

  当院でも比較的行われている手術ですが、外科手術にはグレードによって様々な術式が組み合わせて用いられます。整形外科の手術のため、厳密な無菌操作が必要となります。手術はグレードが高くなるほど複雑で、再発のリスクも高くなっていきます。グレードⅢ以上では4つの手技を組み合わせた手術となりますが、グレードⅣでは当院では行えない難易度の手術が必要となりますので、専門の先生をご紹介しております。

 軽症の場合や手術をしたワンちゃんでは、生活環境に気を配ってあげることが必要です。床などは滑りにくいものにして、足の裏の毛が伸びたら滑らないように短く刈ります。また、高い場所からのジャンプも可能な限りさせないようにします。
 軽症と思っていても、老化とともに関節炎を起こしたり、前十字靭帯などの断裂を起こして、歩行に問題が生じる可能性があります。疑いのあるワンちゃんを飼っていらっしゃるようでしたら、一度獣医師にご相談ください。ワクチン接種などの健康診断時にでも比較的簡単に発見できます。

両側の内方脱臼

犬の膝蓋骨脱臼
(画像クリックで拡大)

トイ・プードル(生後8ヶ月齢)
水色:正常な膝蓋骨のイメージ
赤点:脱臼した膝蓋骨

手術後(正面)

犬の膝蓋骨脱臼
(画像クリックで拡大)

手術後(正面)
正常な位置に戻った膝蓋骨

手術後(横)

犬の膝蓋骨脱臼
(画像クリックで拡大)

手術後(横)

ページの先頭へ戻る

子宮蓄膿症

摘出した子宮

子宮蓄膿症の子宮

貯留していた膿汁

子宮蓄膿症の子宮
避妊手術を受けていない老齢の雌のワンちゃんで発生率の高い病気に子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)というものがあります。
 子宮蓄膿症とは子宮内に膿が貯留する疾患で、気づかず放置すれば死に至る可能性も高い病気です。
 この病気は発情終了後の1~2ヶ月に発生することが多く、妊娠しているはずもないのに、お腹が膨らんできたり、陰部からクリーム色~茶褐色の分泌物が出ることもよくあります。また、発熱して元気・食欲が低下し、多飲(水を異常に飲む)・多尿(排尿が多くなる)がみられます。
 病状の進行の緩やかな慢性経過をたどるものでは、飼い主さんの発見が遅れることもありますので注意が必要です。

診断

超音波(エコー)検査で診断が可能です。

治療

致死的な経過をたどる可能性も高く、早期に避妊手術を実施することが肝要です。

若齢で、どうしても子犬をとりたい場合は、症状が軽度であれば内科療法も選択肢の一つになります。日本未承認のお薬を使った最新の治療では数回のお注射が必要になりますが、嘔吐等の副作用が見られる場合も多く、原則入院での治療になります。内科治療が成功せず、最終的に外科手術になることもあります。
ページの先頭へ戻る

乳腺腫瘍

 乳腺腫瘍は老齢の雌犬に頻発する腫瘍です。犬では他の動物に比べ非常に高率に認められ、発生率はなんと雌犬の25%(4頭に1頭)との統計もあります(1994、1995年)。
 これらの約半数は悪性腫瘍(ガン)に分類され、再発や他臓器への転移も多い疾病です。

 この腫瘍の原因として、環境的、遺伝学的要因が関与しているといわれていますが、ホルモン的影響が最も強く関係しています。
 ワンちゃんではエストロジェン、プロジェステロン、成長ホルモン、プロラクチンというホルモンが影響することがわかっていますが、この中でもエストロジェン(卵胞ホルモン)に対する感受性が、乳腺腫瘍の40~60%にあることが知られています。
 多くの飼い主さんが御周知のように、乳腺腫瘍の予防には避妊手術が有効なのですが、これには卵巣から分泌されるエストロジェンが強く関与していることが理由にあるのです。
 しかし、この避妊による予防効果は、発情を迎えるたびに低下し、発情を3回あるいは2.5歳を越えると無くなってしまいます。

 乳腺腫瘍の治療は、外科的摘出が最善の手段ですが、他の腫瘍同様に早期発見・早期治療が原則です。
 乳腺のしこりはお腹を撫でたりした時に比較的簡単に発見できますが、多くの飼い主さんが大きくなるまであまり気にせず放置してしまう傾向にあります。
 「年寄りだから手術がかわいそうで」と、子供の頭大にまで巨大化した乳腺腫瘍をぶら下げたワンちゃんを連れてくる飼い主さんがいます。中には皮膚が破けてウジが湧き、ひどい悪臭を放った状態でやっと連れてくる方もいます。いったいどちらがかわいそうなのでしょうか?

  犬の乳腺は胸部から下腹部まで5~7対ありますが、同一の乳腺に複数の異なった種類の腫瘍が発生することもあり、良性あるいは悪性(ガン)の判定は、病理検査に出さなければわかりません。先述のように悪性の場合再発や転移が多い腫瘍なので『小さくてほとんど大きさが変わらないから良性』などと自己判断せずに小さくても早期に治療することを考えましょう。

多発した乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍
(画像クリックで拡大)

多発した乳腺腫瘍です。
皮膚の下にいくつものしこりがあります。
乳腺腫瘍ではこのように多発することが多く見られます。

巨大な乳腺腫瘍

巨大な乳腺腫瘍
(画像クリックで拡大)

こちらはかなり大きくなった乳腺腫瘍です。
ソフトボールほどの大きさがあります。
中には人間の子供の頭ほどになったものにも遭遇しますが、大きくなると皮膚が自壊して膿や血液などの分泌物が出てきます。夏の時期だとそこにウジがわいて思わず顔を背けたくなるような臭気を放ちます。

治療法

現在では、犬の乳腺腫瘍を注射や薬で治すことは不可能です。

乳腺腫瘍の治療は、手術での摘出が最善の手段ですが、早期発見・早期治療が原則です。

 

犬の乳腺腫瘍の治療法(船橋市の動物病院)

 

 

腫瘤のみの摘出

部分乳腺摘出

両側乳腺全摘出

方法

発生した腫瘤のみを摘出する。

 

 

犬の乳腺腫瘍の手術(腫瘤のみの摘出)

右か左かに限局している腫瘤に対して行う。

関連した3つ以上の乳房をセットで摘出する。

犬の乳腺腫瘍の手術方法 乳腺部分摘出

複数の乳腺に腫瘍が発生した場合に適応。

1ヶ月間空けて片側ずつ全ての乳腺を摘出する。

犬の乳腺腫瘍の手術方法 両側全摘出

利点

1回の手術時間は最短で傷も小さく動物に対しての負担が少ない。

手術の負担は中程度だが一般的に行われている手術。

再発は中程度に少ない。

再発の可能性が最も少ない。

欠点

再発の可能性が一番高く複数回の手術になることがある。

残された乳腺に再発の可能性がある。

2回の手術が必要。麻酔時間も長く、傷も大きくなる。

 

 

  避妊手術を同時に行う必要はあるか?

同時に避妊手術を行うことによって以下のような利点・欠点があります

<利点>

・発情のたびに腫瘍の予備軍(触診で見つけられないサイズ)が成長するのを予防する効果がある為、再発(再手術)のリスクが少なくなる。

・高齢犬に多い子宮疾患(1/500頭程度)を防ぐことができる。

 

<欠点>

・開腹手術をするので、手術時間が2030分ほど延長される。

・避妊手術の追加費用がかかる。

・避妊手術後は肥満になりやすい傾向にある。

ページの先頭へ戻る

犬の腎不全

腎臓の位置

犬の腎臓

腎臓病用療法食

腎不全用療法食
 あなたのワンちゃん、こんな症状はありませんか?
◆お水を異常に飲みたがる。
◆トイレに行く回数が増えた。
◆吐くことが多い。
◆最近食欲がなくやせてきた。
◆息がくさい。
 腎臓は、血液中の老廃物をろ過・除去して尿を作り、体内の水分調節をする機能を持っています。慢性腎不全は、腎臓のろ過(血液をきれいにする)機能が衰えてしまう高齢犬の抱える最も一般的な病気の一つです。
 腎臓は肝臓と並んで『沈黙の臓器』と言われており、正常な腎臓機能の75%が失われないと、症状が現れません。 逆に言うと症状が現れたころには腎臓がかなりダメージを受けている状態といえます。肝臓と違って、腎臓には自己再生能力がありません。壊れた腎臓は再び元気になることはないのです。病院での血液検査や尿検査での腎機能検査で早期発見することができます。

 治療の大原則としては、完治が望めない病気だけに、病気の進行を少しでも遅らせることにあります。
 病院に連れてこられたころのワンちゃんの多くは脱水と、尿毒症のため非常に消耗した状態になっています。また、重度の貧血を起こしている場合もあります。
 初期の治療としては、点滴をしての脱水の改善と、尿を作らせて尿毒素を排泄させます。
 状態が落ち着いた後は、飼い主さんとの連帯が必要となってきます。
腎不全の進行度合いにより
①腎不全用療法食の給餌。
②尿毒素吸着剤の投薬。
③定期的な腎機能のチェック。
④皮下点滴による水分補給(自宅での点滴も可能)。
などを行っていきます。

 特に、初期の治療として①食事療法が治療成功の重要なキーポイントとなります。
 適切なホームケアができれば、慢性腎不全の状態でもワンちゃんにとって快適な生活を送らせることができます。
ページの先頭へ戻る

歯石・歯周病

 ワンちゃんの高齢化に伴い歯周病が大変増えています。
「最近、うちのワンちゃん、お口がくさい」なんて思っている飼い主さん、要注意です。お口の中をチェックしてみましょう。
茶色い歯石が歯の表面を覆っていたり、ハグキが赤く腫れ上がったりしていませんか?

 歯周病とは、歯の周囲に付着する歯垢や、歯垢が石灰化してできる歯石によって歯肉や歯根がおかされる病気です。5歳以上の犬の約80%以上は歯周病がみられます。

 歯周病になると口臭だけでなく、食事をするときに痛みを伴ないます。また、細菌が血管から進入し心臓や腎臓などへ運ばれて感染症を引き起こすことにもなります。

 歯周病になりやすい品種として、小型犬種(トイプードル、ミニチュアダックス、ヨーキー、ポメラニアンなど)や短頭種(チワワ、シーズーなど)が注意が必要です。
 歯周病の予防としては毎日時間を決めて、歯を磨いてあげるのが効果的です。
 最初はどんなワンちゃんでも歯磨きを嫌がります。嫌がる場合は、無理に行わず、毎日少しずつ根気よく練習しましょう。

 ただし、歯石がついてしまった場合には上記の方法では取れません。ワンちゃんの場合、人間のように「お口を開けてください」とはいきませんので、全身麻酔をかけて、スケーラーや超音波歯石除去機で歯石を除去します。驚くほどきれいになりますよ。


歯石の付着した歯

犬の歯石
(画像クリックで拡大)

歯石のびっちり付着してしまった歯です。こうなるといくら頑張って歯を磨いたところでキレイにはなりません。口の中のニオイも相当臭いです。このままだとどんどん歯が抜けてしまいます。

除去した歯石

犬の歯石
(画像クリックで拡大)

除去した歯石です。歯もぐらついているのでいっしょに抜歯となりました。茶色い部分が歯石です。その下にはきれいな白い歯が隠れています。

歯石除去後

歯石除去後
(画像クリックで拡大)

処置が終わった口の中です。何本か歯が無くなってしまいましたが、きれいな歯に戻りました。歯肉炎を起こしているので、歯茎が赤味を帯びています。原因の歯石を取り除いたのであとはしっかり歯磨きをして、再発を防ぎましょう。

ページの先頭へ戻る

犬の膵炎(すいえん、膵臓炎)

「すい炎」って何? 症状は?
 すい炎(膵炎)とは、胃の裏側にある膵臓という臓器に炎症が起き、膵臓から分泌される消化液が膵臓の外側に漏れ出すことで、膵臓自身やまわりの脂肪、組織が溶かされてしまう怖い病気です。症状の重い急性膵炎での死亡率は人間の場合でも2.9~8.9%とも言われています。
 膵炎の症状はワンちゃん達に多い胃腸炎の症状の他に発熱や強い腹痛、黄疸などが見られます。初期の頃には胃腸炎の症状(嘔吐や下痢)との鑑別が付きにくいため、激しい嘔吐やお腹を痛がって祈りのポーズ(前肢をのばして、腰を上げる姿勢を続ける)が見られたら注意が必要です。犬の膵炎 船橋市の動物病院

犬の膵炎 船橋市の動物病院

膵炎の原因は? 
 動物の膵炎の原因ははっきりとわかっていません。人間の場合は過度の飲酒が最大の原因といわれていますが、お酒を飲まないワンちゃんの場合は、高脂肪な食事、肥満、ホルモンの病気、感染症などの関連性が疑われています。

膵炎の診断 
 膵炎は急性の胃腸炎との区別がしにくい症状が出るため、症状に加えて複数の検査を組み合わせて総合的に判断することが一般的です。膵臓に炎症が起こっているかをみるために、血液検査や画像検査(レントゲンや超音波検査)を行います。血液検査では、信頼性の高いv-LIPA(リパーゼ)やCRP(炎症性蛋白)が院内で測定できるため、迅速診断に貢献しています。

どんな治療をするの?
 膵炎と診断されれば、人間の場合と同様多くの場合は入院での点滴治療となります。これは、強い炎症による痛みや嘔吐に対して、適切にモニタリングしながら薬や輸液による治療を集中的に行う必要があるからです。
 また、膵臓を休ませるために短期間の絶食をすることも一般的です。軽い膵炎の場合は、通院治療が可能な場合もあります。

予防法
  基本的には、膵炎の原因と考えられている脂肪の制限を行います。肥満の場合はダイエットも必要です。当院で行っている春の健康診断(フィラリアぷらすワン)で、中性脂肪の数値やLIPA(リパーゼ)の数値が高めな場合は要注意です。その様なワンちゃんには脂肪の割合が5%のロイヤルカナン消化器サポート(低脂肪)やヒルズのi/d(Low Fat)などの低脂肪な療法食をお勧めしています。

 死亡率も決して低くない病気ですので、肥満やオヤツの与え過ぎなどに注意しましょう。定期血液検診で引っかかった場合にも注意してあげてください。
ページの先頭へ戻る
Copyright(c) 船橋市 あおぞら動物病院 All Rights Reserved. あおぞら動物病院 〒273-0862 千葉県船橋市夏見1-10-31 TEL:047-424-8370