あおぞら動物病院 院長コラム

犬・猫・ウサギ・フェレットの良くある病気解説

      2015/10/12

あおぞら動物病院 良くある病気解説

おぞら動物病院のトップページからしか入れませんが、犬・猫・ウサギ・フェレットでの来院が多い病気を紹介している解説ページがあります。ご存知でしたでしょうか?

2015年9月現在では

犬の病気・・・犬の誤飲・誤食、椎間板ヘルニア、軟口蓋過長症、アレルギー性皮膚炎、フィラリア症、歯石・歯周病、膝蓋骨内方脱臼、子宮蓄膿症、乳腺腫瘍、犬の腎不全

猫の病気・・・泌尿器症候群、猫の口内炎、猫のニキビ(アクネ)、療法食の切り替え、猫リンパ腫・白血病、肝リピドーシス、トキソプラズマ症、猫の慢性腎不全、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫の便秘(巨大結腸症)

ウサギの病気・・・うさぎの飼育方法、足底潰瘍(ソアホック)、うさぎの子宮疾患、消化管うっ滞、不正咬合(歯の異常)、膿瘍(のうよう)、うさぎの斜頚(エンセファリトゾーン症)、ウサギのダニ寄生、ウサギの尿石と赤色尿、ウサギの診療(雑感)

フェレットの病気・・・フェレットの副腎腫瘍、インスリノーマ、腸閉塞、フェレットの耳ダニ、フェレットのインフルエンザ

をご紹介しています。

今月は、毎日の長雨でサイト更新がはかどったため、病気の紹介ページも各動物ごとに更新しました。

犬→犬の誤飲・誤食について

猫→全体に内容を更新

ウサギ→ウサギのダニ寄生

   →ウサギの尿石症・赤色尿について

フェレット→フェレットのインフルエンザについて

船橋市に動物病院を開院する前から少しずつ更新しているページですが、情報が古くならないように定期的に更新しています。また、出来る限り専門用語を使わないような解説になるように心がけておりますが、わからない用語がありましたら遠慮なくご質問ください。

また、何か解説して欲しい病気がありましたら、喜んで紹介させていただきますのでそちらの方もご相談ください。

よろしくお願いいたします。

 - ペットの病気のこと