あおぞら動物病院 院長コラム

あおぞら動物病院のウサギの専門書

      2017/05/26


ウサギの診療 船橋

 ウサギの診療が難しいと言われる由縁に、ウサギさんの情報が少ないことがあげられます。一昔前はどの先生も手探りでウサギを診療していたのですが、より高度に専門的な知識が必要になってきて、ウサギを診療対象からはずす動物病院がうさぎの飼育頭数に比例してどんどん増えてしまいました。船橋市の動物病院でもウサギさんの診療を行っている動物病院は少ないのが現状です。

 逆に、犬猫を診療しないスタイルの俗にいうエキゾチックペットクリニックやラビットクリニックが増えてきたことはウサギオーナーにとって非常に歓迎できる環境になってきたと思われます。しかし、その多くが都内に集中しているのも事実で、弱っているウサギを長時間の移動で専門病院に連れていくことがデメリットになるケースもみられます。

 当院は開院当初からウサギさんの診療に力を入れていますが、とても素晴らしい書籍を大学の2年先輩の先生が出版されたので購入させていただきました。2年先輩といってもネットの世界しか面識がないのですが、「あなたがウサギに出来ること」という、うさ飼いの方々に非常に有名なサイトを運営している素晴らしい先生です。富山県の先生なので、お会いしたことは無いのですが同窓ということで非常に尊敬している先輩の一人です。

 先日、当院の書籍棚を整理していたら、想像していた以上にウサギさん関連の専門書があることに改めて驚きました。船橋に自分の動物病院を開業する前から少しずつ増やしていったウサギ治療の専門書です。悲しいことに動物医療の専門書籍はニーズが限定されているため、非常に高価です。雑誌1冊5000円~で、ハードカバーは2~3万円のものばかりです。もう少し需要が増えてリーズナブルになるとよいのですが(笑)。
ウサギの診療 書籍

これからも船橋市で一番のウサギの診療ができる動物病院になるように、どんどん最新情報を吸収して切磋琢磨していきたいと思います。


 - ペットの病気のこと