あおぞら動物病院のHP遍歴

あおぞら動物病院 最初のHP

 船橋市駿河台にあおぞら動物病院を開院したのが2006年2月26日でしたが、勤務医時代から自分で作成した仮想の動物病院サイトを立ち上げていました。お恥ずかしいのですが、学生時代に付けられたニックネーム『マイキー』をとってマイキー動物病院という名前の仮想動物病院サイトでした。

 当院の開院までは最近ではよくある、無料相談掲示板のようなものを運営していましたので、毎日診療を終えてから寝るまでの数時間は本を読んで調べたり勉強したりして、できるだけ相談者の方にアドバイスできるようにしていました。今考えると、勤務医2年生くらいが、怖いもの知らずでよくやったと思います。

 その後、ホームページビルダーや無料の画像などを駆使して(笑)、上記のホームページで開院しました。今見るとかなり手作り感満載ですね。

動物病院のホームページ

 その後も青空(あおぞら)感?を出そうと何度か改修しましたが、流石に美術の成績B~Cランクの私では限界がありました。

 幸い義理の兄姉がウェブデザインの仕事をしていましたので、レイアウトをお任せして現在のあおぞら動物病院のサイトが完成しました。自画自賛ですが、流石はプロに頼むと違いますね。

レスポンシブWebデザインってご存知でしょうか?

 船橋市の動物病院 スマホ

 スマートフォンでのインターネット利用者がPCでの利用者数に並びそうな勢いだそうです。確かに私も外出中はスマホでお店を検索したり、電車の案内を利用したりしています。あおぞら動物病院のホームページへのアクセスは現在7割以上がスマホからになっています。

 小型のモバイルPCが低価格になったり、タブレット型が普及してもやはりスマホに比べると、ちょっとスマートではないですよね。昔は、モバイルノートを使いこなすかっこいいビジネスマンの姿にあこがれましたが(笑)。
 当院でも、簡易のスマホサイトを作ったものがあるのですが、どうしてもメインのPCサイトのように定期更新や情報の発信が限られていました。

 本題の「レスポンシブWebデザイン」ですが、聞いたことがありますでしょうか?
 今までは、スマホでパソコン用のホームページを閲覧した場合、スマホの小さな画面でPCのホームページを閲覧することになって、非常に文字や画像が小さくて見えにくかったり拡大をしないと見苦しい状態でした。

 対策として、スマホ用のホームページを別に作ってスマホの方にはそちらのサイトに誘導するようにしていました。
 ですので、ホームページの更新は2倍の労力がかかってしまったり、画像や文字の制限でうまく情報を発信できなかったりしていました。せっかく力を入れて書いている病気の説明や、このコラムも(笑)もスマホのサイトには表示されません。

 悶々としていたところに、レスポンシブWebデザインというものがあることを知りました。これにより、わざわざPC用・タブレット用・スマートフォン用として作り分けなければならなかったものが、一つのファイルを作成するだけで各端末に対して適切な表示が出来るようにする技術です。

 あおぞら動物病院のホームページは現在このレスポンシブWebデザインで作っています。画面が見やすく感じていただけたら幸いです。

雑感
このサイトをフォローする
あおぞら動物病院 院長コラム

コメント