盛岡行ってきました。

わんこそば あおぞら動物病院 診日に家族で盛岡に行ってきました。なかなか連休を作ることが難しいのですが、今回は祝日と金曜日の休診日がかさなったので、学生時代に毎年遊びに行った盛岡に出かけました。

 細かい街の変化はあったのでしょうが10数年ぶりの盛岡駅は全く同じ景色に感じられました。

 盛岡に開業した先輩に教えてもらった地元で有名なじゃじゃ麺の白龍(パイロン)に行きました。

 じゃじゃ麺ってご存知ですか?わんこそばと盛岡冷麺ほど有名ではありませんが盛岡3大麺の一つに数えられる盛岡のソウルフードです。

 自家製ラー油や生ニンニク、おろし生姜、お酢などで自分の好みの味に仕上げるなかなか楽しい麺です。

 実際に食べる際にはぐちゃぐちゃに混ぜて食べるのであまり綺麗な見た目では無いのですが、クセになる美味しさです。

 締めに、生卵を器にといて、麺の茹で汁を入れてもらって作る即席卵スープ(チータンタン)もあって、初めての人には驚きの連続ですがすごく楽しいので是非行ってみてください。

 行くのはちょっとという方は、お取り寄せもできます。うちでも時々取り寄せています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【白龍】パイロン 元祖盛岡じゃじゃ麺 2食入り
価格:1110円(税込、送料別) (2017/11/24時点)

 

 そしてメインの盛岡わんこそばにチャレンジしてきました。駅前の東屋(あづまや)というお店に20年ぶりに訪問です。前回は学生時代に大学の仲間たちとチャレンジしたのですが確か80杯くらいが限界でした。

 100杯以上で記念の手形がもらえるので今回のリベンジは100杯が目標のつもりでしたが、出発直前に同窓の後輩である和泉先生がなんと女性の平均40〜60杯を大きく上回る128杯食べたと聞いてしまい、俄然ヤル気に火がついてしまいました。

 わんこそば15杯でかけ蕎麦1杯程度の量なのだそうです。汁は桶に捨てるようにしないとすぐにお腹に溜まってしまいます。結婚式でお祝いのお酌を捨てることができず、大変な目にあったのを思い出します。

 結局、自分の予想も上回り記録は155杯。もうしばらくお蕎麦は見たくないです。1泊だけの弾丸ツアーでしたがだいぶリフレッシュできました。スタッフへのお土産は定番の「かもめの玉子」となりました。

わんこそば あおぞら院長

 

雑感
このサイトをフォローする
あおぞら動物病院 院長コラム