中古の医療機器は実際どうなの?

中古医療機器

開業当初から中古の医療設備にはお世話になっています。開業時~開業数年目まではライバル病院の医療機器や器具などが気になってお金が入れば欲しかった器具を買い足すという自転車操業的な資金の流れになりがちです。

そんな欲しくてもお金が足りない時期に非常に魅力的なのが中古の医療機器です。開業時に入手した大型のオートクレーブは10年以上たった今も毎日のように稼働していますが、まだ使用できています。新品でも数年しか耐久性が無いものもありますので、運がよければ賢く経費削減が可能になります。

動物病院は施設の大小にかかわらず内科もすれば外科もやり、歯科や眼科、場合によってはトリミングまで行う総合医療サービスですので、より人間の医療に近いサービスを提供しようとすると設備投資にかかる費用は人間の診療所のそれ以上になります。

私たちが日頃使用している医療設備はほぼ9割以上が人間用の医療機器や器具を流用したものになります。安くて数万円、高いものになるとCTやMRIなど1台数千万円の設備があります。

中にはサービスや安心のためにあるだけで、年に数回しか使用していないといった金食い虫の器具も多数存在しています。当院では整形外科器具(推定200万円以上)がいざというときのお守りとして使われず保管されています(涙)。

新品の1年保証も魅力ですが、家電のように1年過ぎたあたりから故障も増えて、保証が切れたら修理に5~20万円とかの世界ですから、新品にこだわらず壊れたら使い捨てというのも、機械によっては選択できるかと思います。他の獣医師の先生方も様々なルートから中古の良品がないかと手を尽くされているようです。

中古医療機器の入手先はどのような業者があるの?

私の場合ですが、数社の中古医療設備販売の業者さんを定期的にチェックしています。

グリーンメディカル・・・比較的在庫が多く、価格も良心的。
しばた商事・・・恐らく一番安く入手できる。ただし品質チェックが甘いようで、ジャンクに近い商品も。
M-CAST・・・在庫が豊富だが他と比べると高い。高い分品質は良いと信じたい。

ヤフーオークション・・・医療器具も結構出品されている。当然保障なしでハイリスクではあるが、信じられないくらいお得なものが見つかることもある。中古医療器具の業者さんだと、医療設備の下取り価格は購入時の1%くらいの驚くほど安い価格をつけられてしまうので、オークションに出品して方がずっと高値で譲渡することが出来る。だだし、自己責任で。

開業以来ずっと現役選手のオートクレーブや、何台目かの自動分包機、オタクレベルに愛用しているCanonの複合機(PIXUS MP610)など結構ヤフーオークションを利用しています。

中古医療機器の見極めのポイントは?

中古取り扱い業者からの場合は、保証が付くものもありますが安心の分価格にも反映されています。メーカー保証のように1年間保証してくれるものもあるようですので、精密機器や高価な医療機器を購入される場合は保証付きの方が良いかと思います。

逆に、10万円以下のものであれば使い捨て覚悟でヤフーオークションなども可能かと思います。私の場合は薬の自動分包機は壊れたり譲ったりで4台ほど購入していますが、全てオークションで入手しています。壊れることもありますが、自分で修理したり、メーカーに修理費用を聞いてから買い替えか修理かを秤にかけています。

中古品は思いのほか製造から年月が過ぎているものもあり、メーカーに部品が無いものがあります。一般的には製造中止から7年ほど部品がストックされているようですが、中古価格だけに目を奪われず、修理することも考えたうえでの中古購入がベターかと思います。

中古購入品の修理で、メーカーに入手元を聞かれたことはないのですが、普通に修理してくれます。万が一聞かれた際には、「友人から譲ってもらった」で通ると思います。

当院も様々な医療機器を開業以来導入していますが、使えるもの・使えないものなどかなり迷走しているかもしれません(涙)。そろそろまとめて壊れてしまうんではないかと内心冷や冷やしております。

コメント