動物病院での-高速-滅菌 プチクレーブDA-8

動物病院での滅菌

 

オサダメディカル製の小型高圧蒸気滅菌器です。主に歯科医院で使用されているようで、動物病院での使用例はあまり少なくご存知の先生もあまりいないようです。実は欲しいのですが、当院にもまだありません・・・。

歯科医院では歯科用のタービン(歯を削る道具)などを効率よく準備するために使用されているようです。動物病院同様女性スタッフの多い歯科医院向けにかわいらしいパステルカラーですね。

動物病院では主に通常の高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)で手術器具を滅菌(無菌状態にすること)していますが、完全に滅菌が完了するまでに1時間前後の時間が必要です。通常、手術は予約制なので前日か当日朝に滅菌をすれば間に合うのですが、スタッフも人間ですので、ときどき事前に準備した器具に不足があったり、当初予測していた事態と別の術式が必要だったりするとストックの滅菌済み器具が無い場合、慌ててもう一度オートクレーブ滅菌を行うと最悪1時間のタイムロスが発生してしまいます。当然、手術中ですので、患者さんは待ったなしの状態です。

このプチクレーブは簡易式なので、用量は普段使用している滅菌機(HAC-300)の1/10しかありませんが、滅菌時間は1/4以下の11分で全工程が完了するので緊急時には非常に頼りになる設備です。

 

詳しい商品カタログはこちらです→プチクレーブDA-8

コメント