LED無影灯 動物病院の手術室より

動物病院の無影灯

無影灯(むえいとう)とは手術室に無くてはならない照明設備です。読んで字のごとくですが、対象物に対して360度様々な方角から光を当てることによって手術の術者の影を作らないように作られています。

当院にあるものは、開業時に購入した5灯式の無影灯ですが、やはり最近ではもっと明るいものが欲しいと思います。やや私の目が老化してきたせいもありますが、昔より明るい方が手術が行いやすく感じます。

単純にライトの数が多い方が明るくなるのですが、その反面価格はどんどん高くなり、重量も増え、何よりライトの熱で手術中の組織が乾燥しやすくなります。

その点、最近では流行りのLEDを使った無影灯も人間の医療現場では導入が進んでいるようです。ただし、価格面では従来のハロゲン電球のものの3倍以上の価格になってくるので、外科手術を売りにしている動物病院以外ではなかなかお目にかかることはないかと思います。

いつかは当院でもLEDに切り替わることがあるのでしょうか。安くなって欲しいものです。

LED無影灯

 

LED式の無影灯はまるで宇宙ステーションのようです。