OTO CLINIC( iPhone 使用のデジタル検耳鏡)

動物病院でのiPhone

 変わったデジタル家電についつい興味が引かれてしまうのですが、こちらはiPhoneに取り付けられる検耳鏡です。検耳鏡とは耳の奥を観察するための診療設備ですが、一般的にはドクター一人が観察できるようになっています。

 人間の耳鼻科や当院のような動物病院で液晶モニターに映った耳の中をご覧になったことがあるかもしれませんが、この耳鏡にカメラ機能を持たせたものがデジタル耳鏡です。当院では、RF社のデジタル検耳鏡を使用しています。実際に一緒に見ていただくのは、言葉で説明するよりずっとインパクトがあると思います。

 iPhoneを使用したものでは、以前ご紹介しているウェルチ・アレンの眼底鏡がありますが、普段使用しているスマートフォンをいろいろなツールと組み合わせて活用できるのは楽しいですね。最近では受付の順番待ちシステムをiPadとiPhoneをつかった設備にリニューアルしています。

 このデジタル検耳鏡ですが、iPhoneのカメラ機能を使って、写真撮影だけでなく動画の撮影も可能です。取った動画をリアルタイムにお見せすることはできませんが、動画の映像を見てもらうことで説明用ツールとしては十分機能すると思います。

 価格は、家庭用が79ドルで、クリニック用が299ドル(2015年11月現在)です。クリニック用は耳道に空気が送り込めるチューブとバッグが付いたものになります。こちらのサイトから購入可能です。

動物病院の耳道検査

 動物病院で使用する分には家庭用のものでも良いかと思いますので、かなり低価格でデジタル検耳鏡を導入できる魅力的な商品ではないかと思います。iPhone6sに乗り換えて、iPhone6やiPhone5が余っている先生はいかがでしょうか。

コメント