ウサギの病気

ウサギの病気

【獣医師監修】ウサギの飼育について

うさぎの飼育について 飼育環境 ◎ケージ・・・最低でも、ウサギさんがリラックスして伸びをした時でも十分ゆとりがあるサイズが必要です。立ち上がった時に頭をぶつけない高さが必要です。 ◎床材・・・プラスチック製のスノコが主流ですが、木...
ウサギの病気

ウサギのスナッフルとは【獣医師監修】

うさぎのスナッフルとは? スナッフルはウサギさんの呼吸器疾患としては珍しくない細菌感染症です。ペットショップから連れてきたばかりの抵抗力の弱い子ウサギやシニアのウサギに多くみられるときに命に係わる呼吸器感染症です。伝染力も強いため、同居の...
ウサギの病気

ウサギのソアホック(足底潰瘍・飛節びらん)について

ウサギさんをヨイショと仰向けにしてみてください。あるいは足を後方に伸ばしてくつろいでいる時に足の裏を観察してみてください。 ウサギさんの足の裏には犬猫のようにクッションとなる肉球がありません。代わりに豊富な毛で覆われています。 ...
ウサギの病気

うさぎの血尿|子宮疾患(子宮がん)について【獣医師監修】

高齢のウサギさんで子宮腺癌が非常に多くみられます。米国のHRS(House Rabbit Society)の報告によると、6歳以上の雌ウサギで、実に50%以上の発生率があると報告されています(すなわち、メスのウサギさんの半分はガンで...
ウサギの病気

うさぎの消化管うっ滞(毛球症)【獣医師監修】

当院に来院される食欲不振のウサギさんを原因別にざっと分類してみると、7割ほどが原因のはっきりしない「消化管うっ滞」に分類されています。他には不正咬合や肝臓病、腎臓病、腫瘍などがあります。 ウサギの消化管うっ滞とは 以前は、毛球症...
ウサギの病気

ウサギの不正咬合とは 【獣医師監修】

ウサギといえば誰でも思いつくのは長い耳と赤い目、長い前歯でしょうか。 ウサギさんのチャームポイントである立派な歯ですが、実は非常に病気になりやすい器官です。 ウサギには上下あわせて合計28本の歯があります。全てが生涯にわたっ...
ウサギの病気

うさぎの膿瘍(のうよう)の治療【獣医師監修】

うさぎさんのアゴの付近がだんだん腫れてきたら要注意です。ウサギに非常に多い膿瘍(のうよう)の可能性があります。 膿瘍とは細菌感染により発生した膿を蓄えた空洞のことを言います。 うさぎの膿瘍が治りにくい理由 通常、うさぎさん以外...