ペット手帳はじめました。獣医師監修 LINEアプリ

ペット手帳 動物病院 船橋市

 世の中いろいろなアプリやSNSがありますが、皆様は日頃どのようなものを使われていますでしょうか?

私はもっぱらFacebookで友人の投稿に「いいね!」を押したり、家族にLINEで連絡を取ったりしています。

この度、わりと本気のペット用健康管理手帳アプリが獣医師監修のもと開発されました。まだまだ発展途上中のアプリですので使いにくい点があるかもしれませんが、ペットオーナー様と動物病院の懸け橋になればと思いプロジェクトに参加することになりました。まずは動画をご覧ください。

2018年10月1日からはじまったこのサービス。あおぞら動物病院は11月1日からの参加ですが、2019年5月現在で314名の飼い主様に登録していただいております。ありがとうございます。全国でのユーザー数は3万5千人以上だそうです。何気にすごい。本当?(笑)

ペット手帳 動物病院の登録

登録は、LINEで友達になるだけではじめられます。ぜひお友達登録お願いします。

ペット手帳 LINE 動物病院

あおぞら動物病院からも臨時休診日のお知らせや病院からのコラムの更新、季節ごとのちょっと役に立つ情報を少しずつ発信しています。あまり五月蝿いようだったら削除してください(笑)。時々、製品無料モニターの募集などお得な情報も送られてきます。

ペット手帳 LINEアプリ ペット手帳 動物病院  ペット手帳 犬 アプリ

現在のところ、ペット手帳からの配信が2~3日に一度配信される程度ですのでそこまでしつこくない感じですよ。

オーナー様と当院のコミュニケーションツールとして「ペット手帳」をお気軽にご利用していただけたらと思います。現在のところ、うさぎさんやフェレットさんの登録はできないようですが、今後様々な動物が登録できるようになるといいですね。ペット手帳の詳細については下記のバナーから専用サイトにてご確認ください。

ペット手帳 動物病院のアプリ

私も登録してみました。うちのカッツェさんです。よろしくおねがいします。

動物病院 猫 ペット手帳

わんちゃん、猫ちゃんに向けて毎月のコラムも発信されます。例えば3月分はこんな感じです。

ペット手帳 LINEアプリ猫 ペット手帳 LINE
狂犬病の予防接種は すべてのワンちゃんの義務

桜前線北上中の今日この頃、すっかり春らしくなりましたね。ワンちゃんたちにとっては、年に一度の狂犬病ワクチン接種の季節でもあります。フィラリアやノミ・ダニ予防と違い、狂犬病ワクチン接種は、「狂犬病予防法」という法律で、すべてのワンちゃんに義務付けられています。「うちの子はもう高齢だし、家からあまり出ることもないので、打たなくてもいいのでは?」と思っていらっしゃる飼い主さんもいるかもしれませんが、高齢のワンちゃんの場合も、獣医師の診断証明がなければワクチン接種の免除になりませんのでご注意ください。

現在日本は世界でも数少ない「狂犬病がまん延してない国」になりましたが、60年程前には日本でも流行していましたし、今でもまん延している国があるので、いつ再度日本に入ってきてもおかしくはない状態です。予防のための狂犬病ワクチン接種はとても大切なことです。

万が一人に感染した場合、恐ろしいことに、亡くなる確率はほぼ100%。その感染経路の多くが、身近な存在である犬からなのです。怖い話ですがたとえば、自分の愛犬が狂犬病に感染していたとすると、何かのはずみで知らない人に噛み付いてしまった場合、相手を殺してしまう可能性もあるということです。

ドッグランなどでは、狂犬病のワクチンを「打っている」「打っていない」で、飼い主さん同士のトラブルになってしまうこともあります。周りの人のためにも大切なワンちゃんのためにも、必ずワクチン接種をするようにしましょう。

3月から5月までは大変込み合いますので、お早めの来院をおすすめします。

大切なネコちゃんを守る ストレスケアと健康診断

全国各地で桜が開花し、待ち遠しい春がやってきました。寒さが苦手なネコちゃんたちも、過ごしやすい季節になってきましたね。今回は、ネコちゃんも意外にたまっているストレスについてのお話です。
繊細な心を持つネコちゃんは、自分の身にいつもと違うことが起こるとストレスを感じることが多いといわれています。動物病院に来るのが苦手で、病院に行くことを悟ると隠れたり暴れてしまったり嫌がるネコちゃんが多いのはこのためです。ストレスを少しでも感じさせないために、今回は来院から診察を受けるまでの間にできるストレス対策をご紹介します。
まず来院後、受付を済ませて診察を受けるまでの待機場所として、車でお越しの方は車内で、また、ご自宅がお近くの方は、ご自宅での待機がおすすめです。

診察の順番が近づき、院内で待機される際は、ネコちゃんをキャリーケースの中に入れて、飼い主さんのひざの上やスペースがあればイスの上に置いてあげましょう。つい床に置きがちですが音が響くのでストレスがかかります。このとき、ネコちゃんの匂いがついた大きめのタオルやフリースでキャリーケースを包んで目隠ししてあげると、よりストレスが軽減できます。
ストレスケアのおすすめグッズとして、緊張を和らげる効果のあるフェロモンのストレスケアスプレーや、アロマオイル、植物のエッセンスなど、さまざまなアイテムがありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

また、ネコちゃんは病気を表に出さずに隠そうとする動物なので、定期的な健康診断も大切です。腎臓病など、初期段階で目に見えるサインを出さない病気は、発見も遅れてしまいがちです。このような病気を早期に発見するためにも、ぜひ定期的な健康診断をおすすめします。