レントゲン室

レントゲン室

『デジタルレントゲンNAOMI』を使ってみて思ったこと

当院では2011年からRF社のデジトゲン NAOMIを使用しています。以前のレントゲン写真は撮影後に現像液で現像するフィルム式が主流でした。現在はパソコン画面で撮影したレントゲンがそのまま表示されるデジタル方式に変わってきました。 ...
レントゲン室

動物病院でのX線透視撮影装置 Cアーム

Cアームは特殊撮影方法でレントゲン写真を撮影するための装置です。 通常レントゲン写真を撮影する場合はX線を発生させる設備とそれを受信するレントゲンフィルムやCR、DRと呼ばれるフィルムの代わりをするデジタル設備をつかって1枚の静止...
レントゲン室

『レントゲン撮影装置 東芝VPX-500』

東芝製の小動物専用X線装置です。開業時から同社のVPX-40というモデルを使用していましたが、大型犬の撮影時に線量不足で、うまく診断できないことが時々ありました。もったいないのですがまだまだ動くX線装置を引き取ってもらい先月...
レントゲン室

『動物病院でのCT設備について』

まずはじめに。当院にはCTスキャンという設備はありません。記事にしてすみません m(_ _)m CTスキャンとはコンピュータ断層撮影(Computerized Tomography)で、X線を360度の方向から当てるこ...